オレンジのトップページ

2010年12月12日日曜日

KVM【virt-managerに仮想マシンイメージをimport】

コマンドラインで使っていた仮想マシンイメージを virt-manager の管理下にインポートしてみる。次の手順で、 /etc/libvirt/qemu/ 以下に各仮想マシンのドメインXMLファイルを作成できる。


新しい仮想マシンを作成(名前にはイメージファイルと同じ名前を指定するとわかりやすい)
import1.png


OSなどを指定
import2.png

使ってないイメージだと警告
import2-.png

完了
import5.png


同じようにしてXPの仮想マシンもインポート。
import6.png


以上。仮想マシンマネージャの管理下に仮想マシンを置いておくと、サーバの再起動時などにも仮想マシンをシャットダウン処理してくれたりと便利。




デバイスを確認し、必要があれば設定を変更する


virt-managerでインポートするとビデオカードは  cirrus、ネットワークカードは virtio 、ディスクは VirtIO で仮想マシンの環境が設定されるので、変更が必要な場合はvirt-managerで確認しておく。




今回インポートした仮想マシンイメージは IDE diskで作っていたのでOSがLinuxの場合は/etc/fstabの内容が一致せず起動しないから次の手順で設定を変更する。Windowsの場合はこのままで大丈夫みたい。

Linuxからデバイス名は次のように見える。KVMのVirtIO Diskは/dev/vda。
 vda   VirtID DIsk
 hda   IDE disk
 sda   SCSI disk


一度VirtIO Disk1 を削除。
disk0.png

ハードウェアを追加をクリックし、Storageを選択。
disk1.png

あらためて仮想マシンイメージを選択。
disk2.png

完了。
disk3.png




KVM【Using Vmware VGA with KVM Windows Guests】

KVMのWindowsゲスト描画は、VMwareのビデオドライバーを使うと改善できます。


Using Vmware VGA with KVM Windows Guests


http://www.linux-kvm.com/content/using-vmware-vga-kvm-windows-guests


手順
ドライバを/var/lib/libkvm/imagesにダウンロードし、仮想マシンのCD−ROMにマウント。
 vmwarevga32-kvm.iso 1MB
 vmwarevga64-kvm-2.iso 1.14MB





仮想マシンマネージャでビデオカードをvmvgaに変更する







再起動すると導入完了。









2010年11月9日火曜日

NEC Express5800 GT110b のファンをlm_sensorsとspeedfanでコントロール ( Fedora 14 )

目的
GT110bではビデオカードなどを拡張カードに増設すると、ファン速度に静音モードが指定できません。それでも静かな方なのですが、少し速度を落とせないかなぁ、というのが今回の目的です。

PCを開けるとマザーには4ピンのPWMコントロールできる複数のファンコネクタが存在していて、デフォルトでは

FAN1 :CPUファン    純正静音モード時650rpm  ビデオカード装着時1880rpm
FAN2 :背面ケースファン 純正静音モード時769rpm  ビデオカード装着時1355rpm

が接続されFAN3〜のコネクタは使われず空いているようです。


インストール手順
yum install lm_sensors
sensors-detect


いろいろ聞いてきます。ずっとENTERでOKですが1ヶ所だけYES と入力。
Next adapter: SMBus I801 adapter at 1840 (i2c-3)
Do you want to scan it? (yes/NO/selectively): YES

/etc/sysconfig/lm_sensors が次のように作成されます。コメント行は省略してます、有効なのは次の3行だけですね。

HWMON_MODULES="adt7475 w83627ehf"
MODULE_0=adt7475
MODULE_1=w83627ehf


FAN速度を調べてみる
sensors

2つコントローラが検出されて表示されます。FAN1とFAN2は1つめのコントローラに接続されているようです。

adt7490-i2c-3-2e
Adapter: SMBus I801 adapter at 1840
Vcore:       +1.10 V  (min =  +0.00 V, max =  +2.99 V)  
+3.3V:       +3.38 V  (min =  +2.96 V, max =  +3.61 V)  
+5V:         +0.02 V  (min =  +4.48 V, max =  +5.50 V)   ALARM
+12V:        +0.05 V  (min =  +0.00 V, max = +15.69 V)   ALARM
in5:         +2.18 V  (min =  +0.00 V, max =  +4.48 V)  
fan1:       1890 RPM  (min =  700 RPM)
fan2:       1362 RPM  (min =  950 RPM)
fan3:          0 RPM  (min =  300 RPM)  ALARM
temp1:       +30.8°C  (low  =  +5.0°C, high = +54.0°C) 
                      (crit = -128.0°C, hyst = -132.0°C) 
M/B Temp:    +30.5°C  (low  = -127.0°C, high = +127.0°C) 
                      (crit = -128.0°C, hyst = -132.0°C) 
temp3:       +32.5°C  (low  =  +5.0°C, high = +105.0°C) 
                      (crit = -128.0°C, hyst = -132.0°C) 

w83627dhg-isa-0290
Adapter: ISA adapter
Vcore:       +1.00 V  (min =  +0.55 V, max =  +1.62 V)  
in1:         +1.51 V  (min =  +1.34 V, max =  +1.66 V)  
AVCC:        +3.38 V  (min =  +2.98 V, max =  +3.63 V)  
+3.3V:       +3.38 V  (min =  +2.98 V, max =  +3.63 V)  
in4:         +1.11 V  (min =  +0.98 V, max =  +1.18 V)  
in5:         +1.86 V  (min =  +1.63 V, max =  +2.00 V)  
in6:         +1.61 V  (min =  +1.40 V, max =  +1.72 V)  
3VSB:        +3.33 V  (min =  +2.98 V, max =  +3.63 V)  
Vbat:        +3.14 V  (min =  +2.70 V, max =  +3.30 V)  
fan1:          0 RPM  (min =  301 RPM, div = 64)  ALARM
fan2:          0 RPM  (min = 3013 RPM, div = 4)  ALARM
fan3:          0 RPM  (min = 14062 RPM, div = 4)  ALARM
fan4:          0 RPM  (min =  301 RPM, div = 64)  ALARM
fan5:          0 RPM  (min = 15697 RPM, div = 2)  ALARM
temp1:       +92.0°C  (high =  +0.0°C, hyst =  +0.0°C)  ALARM  sensor = thermistor
temp2:       +28.0°C  (high = +54.0°C, hyst =  +5.0°C)  sensor = diode
temp3:       +37.5°C  (high = +80.0°C, hyst = +75.0°C)  sensor = thermistor
cpu0_vid:   +2.050 V



調整してみる
pwmconfig

を実行するとコントロールできるかどうか調べてくれます。2箇所yとします。

   hwmon0/device/pwm1
hwmon0/device/pwm1 is currently setup for automatic speed control.
In general, automatic mode is preferred over manual mode, as
it is more efficient and it reacts faster. Are you sure that
you want to setup this output for manual control? (n) y 
   hwmon0/device/pwm2
hwmon0/device/pwm2 is currently setup for automatic speed control.
In general, automatic mode is preferred over manual mode, as
it is more efficient and it reacts faster. Are you sure that
you want to setup this output for manual control? (n) y


FAN1はコントロールできないけれどFAN2がコントロールできたと表示されます。続いてPWMを255から0までだんだん少なくしてPWMの値とファンの速度の関係を調べてくれます。本当はPWM 0 でファンは停止するはずなのですが停止せず最低速度が720くらいになっています。マザーボード上のほかのFANコネクタに差し変えるとちゃんとファンが停止しますので、マザーからのコントロールを完全に乗っとることができていないのかなと思います。

    PWM 255 FAN 4309
    PWM 240 FAN 4205
    PWM 225 FAN 4038
    PWM 210 FAN 3904
    PWM 195 FAN 3724
    PWM 180 FAN 3571
    PWM 165 FAN 3383
    PWM 150 FAN 3202
    PWM 135 FAN 2990
    PWM 120 FAN 2795
    PWM 105 FAN 2577
    PWM 90 FAN 2377
    PWM 75 FAN 2140
    PWM 60 FAN 1923
    PWM 45 FAN 1672
    PWM 30 FAN 1430
    PWM 28 FAN 1345
    PWM 26 FAN 1296
    PWM 24 FAN 1255
    PWM 22 FAN 1216
    PWM 20 FAN 1177
    PWM 18 FAN 1136
    PWM 16 FAN 1095
    PWM 14 FAN 1054
    PWM 12 FAN 1012
    PWM 10 FAN 968
    PWM 8 FAN 926
    PWM 6 FAN 883
    PWM 4 FAN 839
    PWM 2 FAN 796
    PWM 0 FAN 727


何回かENTERを押すと次のように表示されます。


Select fan output to configure, or other action:
1) hwmon0/device/pwm2  3) Just quit          5) Show configuration
2) Change INTERVAL     4) Save and quit

コントロールできるデバイスが表示されていますので1を選択します。
select (1-n): 1

Devices:
hwmon0/device is adt7490
hwmon1/device is w83627dhg

Current temperature readings are as follows:
hwmon0/device/temp1_input    27
hwmon0/device/temp2_input    26
hwmon0/device/temp3_input    29
hwmon1/device/temp1_input    90
hwmon1/device/temp2_input    25
hwmon1/device/temp3_input    38

Select a temperature sensor as source for hwmon0/device/pwm2:
1) hwmon0/device/temp1_input
2) hwmon0/device/temp2_input
3) hwmon0/device/temp3_input
4) hwmon1/device/temp1_input
5) hwmon1/device/temp2_input
6) hwmon1/device/temp3_input
7) None (Do not affect this PWM output)

選択できる温度センサーが表示されていますので2を選択します。
select (1-n): 2


この温度以下ではファンが停止する温度を指定。20度になっているのでそのままENTER。
Enter the low temperature (degree C)
below which the fan should spin at minimum speed (20):


この温度以上ではファンを全開にする温度を指定。60度になっているのでそのままENTER。
Enter the high temperature (degree C)
over which the fan should spin at maximum speed (60):


全開時のファン速度。いくらなんでも255では回しすぎなので200くらいにしておく。
Enter the PWM value (0-255) to use when the temperature
is over the high temperature limit (255): 200


最後に4を選んで終了します。
Select fan output to configure, or other action:
1) hwmon0/device/pwm2  3) Just quit          5) Show configuration
2) Change INTERVAL     4) Save and quit
select (1-n): 4



作成された/etc/fancontrol の内容はこちらです。

# Configuration file generated by pwmconfig, changes will be lost
INTERVAL=10
DEVPATH=hwmon0=devices/pci0000:00/0000:00:1f.3/i2c-3/3-002e
DEVNAME=hwmon0=adt7490
FCTEMPS=hwmon0/device/pwm2=hwmon0/device/temp2_input
FCFANS= hwmon0/device/pwm2=hwmon0/device/fan2_input
MINTEMP=hwmon0/device/pwm2=20
MAXTEMP=hwmon0/device/pwm2=60
MINSTART=hwmon0/device/pwm2=150
MINSTOP=hwmon0/device/pwm2=0
MAXPWM=hwmon0/device/pwm2=200


fancontrol &
とすることで、ファンコントロールを乗っ取りコントロールします。

sensors
として今のFAN速度を調べてみます。

fan1:       1877 RPM  (min =  700 RPM)
fan2:       1425 RPM  (min =  950 RPM)


うーん、まったく変わっていませんね(笑)たぶんマザーからのファンコントロールが邪魔しているのでしょう。マザーが30度くらいなので
MINTEMP=hwmon0/device/pwm2=40
と、FANを停止する温度を40度以下という設定にし、プログラム的にはFANを停止(しているつもり)に修正して再度実行すると

fan1:       1880 RPM  (min =  700 RPM)
fan2:        693 RPM  (min =  950 RPM)  ALARM


無事ケースファンのファン速度を、純正の静音モード時とほぼ同じ速度に落とすことができました。CPUファンの速度コントロールはできていませんが、ちょうどCPUファンの隣にビデオカードの冷却フィンがあることですし、ヨシとします。



PC起動時に実行する

/etc/crontab に fancontrol & と書きます。が、ファン音が気になるときだけコマンドプロンプトから実行してもいいかもしれない。 




補足
CPUファンのコントロールをあきらめたのは、CPUコア温度が測れていないからでもあります。lm_sensors作者のHPでcoretemp なるCPUコア温度を測定するkernelモジュールが配布されていて、試してみましたがやっぱりうまく測れませんでした。
あともう一つ、fancontrol が調整するファン速度は、MINTEMPとMAXTEMPの間で温度に比例しているようでした。



参考ページ
http://netlog.jpn.org/r271-635/2008/02/s5040_fedora_8.html


NEC Express5800 GT110b のファンをlm_sensorsとspeedfanでコントロール ( Fedora 14 )

目的
GT110bではビデオカードなどを拡張カードに増設すると、ファン速度に静音モードが指定できません。それでも静かな方なのですが、少し速度を落とせないかなぁ、というのが今回の目的です。

PCを開けるとマザーには4ピンのPWMコントロールできる複数のファンコネクタが存在していて、デフォルトでは

FAN1 :CPUファン    純正静音モード時650rpm  ビデオカード装着時1880rpm
FAN2 :背面ケースファン 純正静音モード時769rpm  ビデオカード装着時1355rpm

が接続されFAN3〜のコネクタは使われず空いているようです。


インストール手順
yum install lm_sensors
sensors-detect


いろいろ聞いてきます。ずっとENTERでOKですが1ヶ所だけYES と入力。
Next adapter: SMBus I801 adapter at 1840 (i2c-3)
Do you want to scan it? (yes/NO/selectively): YES

/etc/sysconfig/lm_sensors が次のように作成されます。コメント行は省略してます、有効なのは次の3行だけですね。

HWMON_MODULES="adt7475 w83627ehf"
MODULE_0=adt7475
MODULE_1=w83627ehf


FAN速度を調べてみる
sensors

2つコントローラが検出されて表示されます。FAN1とFAN2は1つめのコントローラに接続されているようです。

adt7490-i2c-3-2e
Adapter: SMBus I801 adapter at 1840
Vcore:       +1.10 V  (min =  +0.00 V, max =  +2.99 V)   
+3.3V:       +3.38 V  (min =  +2.96 V, max =  +3.61 V)   
+5V:         +0.02 V  (min =  +4.48 V, max =  +5.50 V)   ALARM
+12V:        +0.05 V  (min =  +0.00 V, max = +15.69 V)   ALARM
in5:         +2.18 V  (min =  +0.00 V, max =  +4.48 V)   
fan1:       1890 RPM  (min =  700 RPM)
fan2:       1362 RPM  (min =  950 RPM)
fan3:          0 RPM  (min =  300 RPM)  ALARM
temp1:       +30.8°C  (low  =  +5.0°C, high = +54.0°C)  
                      (crit = -128.0°C, hyst = -132.0°C)  
M/B Temp:    +30.5°C  (low  = -127.0°C, high = +127.0°C)  
                      (crit = -128.0°C, hyst = -132.0°C)  
temp3:       +32.5°C  (low  =  +5.0°C, high = +105.0°C)  
                      (crit = -128.0°C, hyst = -132.0°C)  

w83627dhg-isa-0290
Adapter: ISA adapter
Vcore:       +1.00 V  (min =  +0.55 V, max =  +1.62 V)   
in1:         +1.51 V  (min =  +1.34 V, max =  +1.66 V)   
AVCC:        +3.38 V  (min =  +2.98 V, max =  +3.63 V)   
+3.3V:       +3.38 V  (min =  +2.98 V, max =  +3.63 V)   
in4:         +1.11 V  (min =  +0.98 V, max =  +1.18 V)   
in5:         +1.86 V  (min =  +1.63 V, max =  +2.00 V)   
in6:         +1.61 V  (min =  +1.40 V, max =  +1.72 V)   
3VSB:        +3.33 V  (min =  +2.98 V, max =  +3.63 V)   
Vbat:        +3.14 V  (min =  +2.70 V, max =  +3.30 V)   
fan1:          0 RPM  (min =  301 RPM, div = 64)  ALARM
fan2:          0 RPM  (min = 3013 RPM, div = 4)  ALARM
fan3:          0 RPM  (min = 14062 RPM, div = 4)  ALARM
fan4:          0 RPM  (min =  301 RPM, div = 64)  ALARM
fan5:          0 RPM  (min = 15697 RPM, div = 2)  ALARM
temp1:       +92.0°C  (high =  +0.0°C, hyst =  +0.0°C)  ALARM  sensor = thermistor
temp2:       +28.0°C  (high = +54.0°C, hyst =  +5.0°C)  sensor = diode
temp3:       +37.5°C  (high = +80.0°C, hyst = +75.0°C)  sensor = thermistor
cpu0_vid:   +2.050 V



調整してみる
pwmconfig

を実行するとコントロールできるかどうか調べてくれます。2箇所yとします。

   hwmon0/device/pwm1
hwmon0/device/pwm1 is currently setup for automatic speed control.
In general, automatic mode is preferred over manual mode, as
it is more efficient and it reacts faster. Are you sure that
you want to setup this output for manual control? (n) y  
   hwmon0/device/pwm2
hwmon0/device/pwm2 is currently setup for automatic speed control.
In general, automatic mode is preferred over manual mode, as
it is more efficient and it reacts faster. Are you sure that
you want to setup this output for manual control? (n) y

FAN1はコントロールできないけれどFAN2がコントロールできたと表示されます。続いてPWMを255から0までだんだん少なくしてPWMの値とファンの速度の関係を調べてくれます。本当はPWM 0 でファンは停止するはずなのですが停止せず最低速度が720くらいになっています。マザーボード上のほかのFANコネクタに差し変えるとちゃんとファンが停止しますので、マザーからのコントロールを完全に乗っとることができていないのかなと思います。

    PWM 255 FAN 4309
    PWM 240 FAN 4205
    PWM 225 FAN 4038
    PWM 210 FAN 3904
    PWM 195 FAN 3724
    PWM 180 FAN 3571
    PWM 165 FAN 3383
    PWM 150 FAN 3202
    PWM 135 FAN 2990
    PWM 120 FAN 2795
    PWM 105 FAN 2577
    PWM 90 FAN 2377
    PWM 75 FAN 2140
    PWM 60 FAN 1923
    PWM 45 FAN 1672
    PWM 30 FAN 1430
    PWM 28 FAN 1345
    PWM 26 FAN 1296
    PWM 24 FAN 1255
    PWM 22 FAN 1216
    PWM 20 FAN 1177
    PWM 18 FAN 1136
    PWM 16 FAN 1095
    PWM 14 FAN 1054
    PWM 12 FAN 1012
    PWM 10 FAN 968
    PWM 8 FAN 926
    PWM 6 FAN 883
    PWM 4 FAN 839
    PWM 2 FAN 796
    PWM 0 FAN 727


何回かENTERを押すと次のように表示されます。


Select fan output to configure, or other action:
1) hwmon0/device/pwm2  3) Just quit          5) Show configuration
2) Change INTERVAL     4) Save and quit

コントロールできるデバイスが表示されていますので1を選択します。
select (1-n): 1

Devices:
hwmon0/device is adt7490
hwmon1/device is w83627dhg

Current temperature readings are as follows:
hwmon0/device/temp1_input    27
hwmon0/device/temp2_input    26
hwmon0/device/temp3_input    29
hwmon1/device/temp1_input    90
hwmon1/device/temp2_input    25
hwmon1/device/temp3_input    38

Select a temperature sensor as source for hwmon0/device/pwm2:
1) hwmon0/device/temp1_input
2) hwmon0/device/temp2_input
3) hwmon0/device/temp3_input
4) hwmon1/device/temp1_input
5) hwmon1/device/temp2_input
6) hwmon1/device/temp3_input
7) None (Do not affect this PWM output)

選択できる温度センサーが表示されていますので2を選択します。
select (1-n): 2


この温度以下ではファンが停止する温度を指定。20度になっているのでそのままENTER。
Enter the low temperature (degree C)
below which the fan should spin at minimum speed (20): 


この温度以上ではファンを全開にする温度を指定。60度になっているのでそのままENTER。
Enter the high temperature (degree C)
over which the fan should spin at maximum speed (60): 


全開時のファン速度。いくらなんでも255では回しすぎなので200くらいにしておく。
Enter the PWM value (0-255) to use when the temperature
is over the high temperature limit (255): 200


最後に4を選んで終了します。
Select fan output to configure, or other action:
1) hwmon0/device/pwm2  3) Just quit          5) Show configuration
2) Change INTERVAL     4) Save and quit
select (1-n): 4



作成された/etc/fancontrol の内容はこちらです。

# Configuration file generated by pwmconfig, changes will be lost
INTERVAL=10
DEVPATH=hwmon0=devices/pci0000:00/0000:00:1f.3/i2c-3/3-002e
DEVNAME=hwmon0=adt7490
FCTEMPS=hwmon0/device/pwm2=hwmon0/device/temp2_input
FCFANS= hwmon0/device/pwm2=hwmon0/device/fan2_input
MINTEMP=hwmon0/device/pwm2=20
MAXTEMP=hwmon0/device/pwm2=60
MINSTART=hwmon0/device/pwm2=150
MINSTOP=hwmon0/device/pwm2=0
MAXPWM=hwmon0/device/pwm2=200


fancontrol &
とすることで、ファンコントロールを乗っ取りコントロールします。

sensors
として今のFAN速度を調べてみます。

fan1:       1877 RPM  (min =  700 RPM)
fan2:       1425 RPM  (min =  950 RPM)


うーん、まったく変わっていませんね(笑)たぶんマザーからのファンコントロールが邪魔しているのでしょう。マザーが30度くらいなので
MINTEMP=hwmon0/device/pwm2=40
と、FANを停止する温度を40度以下という設定にし、プログラム的にはFANを停止(しているつもり)に修正して再度実行すると

fan1:       1880 RPM  (min =  700 RPM)
fan2:        693 RPM  (min =  950 RPM)  ALARM


無事ケースファンのファン速度を、純正の静音モード時とほぼ同じ速度に落とすことができました。CPUファンの速度コントロールはできていませんが、ちょうどCPUファンの隣にビデオカードの冷却フィンがあることですし、ヨシとします。



PC起動時に実行する

/etc/crontab に fancontrol & と書きます。が、ファン音が気になるときだけコマンドプロンプトから実行してもいいかもしれない。 




補足
CPUファンのコントロールをあきらめたのは、CPUコア温度が測れていないからでもあります。lm_sensors作者のHPでcoretemp なるCPUコア温度を測定するkernelモジュールが配布されていて、試してみましたがやっぱりうまく測れませんでした。
あともう一つ、fancontrol が調整するファン速度は、MINTEMPとMAXTEMPの間で温度に比例しているようでした。



参考ページhttp://netlog.jpn.org/r271-635/2008/02/s5040_fedora_8.html

2010年11月7日日曜日

Fedora 14 と Wine 1.3.5 と Office2000

Fedora14ではWineが新しい1.35が使える。以下自分的設定


アプリケーション
1.Fedoraディストリビューション版のOpenOfficeが新しい3.3.0になっているのが使いたかったのでインストール。
yum install openoffice.org-writer
yum install openoffice.org-calc
yum install openoffice.org-impress
yum install openoffice.org-draw


日本語環境改善拡張機能パッケージを追加
作業前にホームディレクトリの .openoffice.org を削除したあと、http://sourceforge.jp/projects/openoffice-docj/releases/?package_id=9481 のページから DefaultSettingsForJapanese.oxt をクリックしてそのままOpenOfficeで開くとインストール完了。ほぼ公式の日本語版と同じになる。
openoffice-nihongo-kakuchou.png

次のようなエラーが出るときは.oprnoffice.org を削除しなおして再度トライ。
openoffice-nihongo-error.png


2.Dropboxをインストール。
13のリリース直後もそうだったが今回の14のリリース直後も dropbox
を入れた後、yum update で「エラー: Cannot retrieve repository metadata (repomd.xml)
for repository: Dropbox. Please verify its path and try
again」が時々出た。エラーが出るときはしばらくコメントしておく。

cd /etc/yum.repos.d

mv dropbox.repo dropbox.repo-

3.メールソフトはsylpheed。OutlookExpressぽくて良い。元から入っているevolutionは消す。旧マシンからは~/.sylpheed-2.0 のフォルダをコピーすれば設定とメールデータを引き継げる。
yum erase evolution
yum install sylpheed

4.FirefoxにFirefox syncとchaika(笑)を追加。フラッシュのプラグインは最新の flash squareをダウンロードしてlibflashplayer.so を ~/.mozilla/plugin に手でコピーすればOK
java-pluginが入っていないのでこのようにして入れる。
yum install java-1.6.0-openjdk-plugin

5.nkfを追加。メモ帳アプリgeditが文字コード判別に失敗するテキストファイルは nkf -w としてutf-8にかたっぱしから変換すれば解決。念のためvim-X11も追加してもいい。
yum install vim-X11
6. メモアプリgnote
日付メモのプラグイン「Note of the Day」が要らないんだけどDisableできないバグが相変わらず残っているので、/usr/lib64/gnote/addins/0.7.3/noteoftheday.soを消して無効にする。
旧マシンからは~/.local/share/gnote のフォルダをコピーして再起動すればデータを引き継げる。
7. FTPクライアント Filezilla
yum install filezilla
8. 画像処理ソフト gimp
yum install gimp


システムとホームディレクトリ
1.パーティションは /boot、/、swapの3つだけ。LVMは使わない。それから前回は/tmpをtmpfsにしたが今回PCを入れ替えたらHDも速くなっていたのでデフォルトのまま使っている。
2.英語フォルダ名で使う。
もし日本語フォルダになっていてもEnglish

でログインすると英語フォルダに書き換えてくれる。使わないっぽい自動起動アプリも停止しておいてもいい。
3.SE-Linuxを無効にする。
gnomeアプリの「SELinux management」がデフォルトで入っていないので、コマンドプロンプトで system-config-selinux とすると使えるようになる。無効・許容(警告のみ)・強制 の3つから選べるので無効に変更。デフォルトは強制。
4.Dropbox
でファイルすべてを同期させるので、デフォルトのフォルダをDropbox以下に設定。.config/user-dirs.dirsを修正する。ここで
指定したフォルダが無いと再起動時に自動的に$HOMEに書き換えてくださる(笑)
XDG_DESKTOP_DIR="$HOME/Dropbox/Desktop"
XDG_DOWNLOAD_DIR="/tmp"
XDG_TEMPLATES_DIR="$HOME/Templates"
XDG_PUBLICSHARE_DIR="$HOME/Public"
XDG_DOCUMENTS_DIR="$HOME/Dropbox/Documents"
XDG_MUSIC_DIR="$HOME/Dropbox/Dropbox/Desktop"
XDG_PICTURES_DIR="$HOME/Dropbox/Desktop"
XDG_VIDEOS_DIR="$HOME/Dropbox/Desktop"

いらなくなった~/Documents, ~/Pictures,~/Music, ~/Videos , ~/Download , ~/Desktop などはゴミ箱に入れて消す。

日本語入力
google日本語入力オープン版のmozcを追加する。Fedoraリポジトリに入ったので普通にインストールできるようになった。
yum install mozc
yum install ibus-mozc

これでmozcを選択できる。
ibus-mozc.png


iBusではなぜか漢字ON/OFFするのに、Alt+漢字でできなくていらいらするのでトリガーに Alt-Kanji を追加。
ibus-trigger-key.png




フォント
IPAfont00302.zipとIPAexfont00102.zipをインストール。VLゴシックも綺麗だけど、IPAフォントも必須。MS系フォントはメイリオでさえGnome環境ではうまくアンチエイリアスが効かないようだ。


Firewall
Dropbox用にTCP 17500 と UDP 17500 のポートを開ける。これでLAN内のPCどうしで同期してくれる。
f13-firewall.png



WineをインストールしてWidowsエミュレータ


あとで入れるwinetricksがwine-32bit版限定なので必ず32bit版のwineをインストールすること。OSが64bit版だと特に指定しないと64bit版のwine.x86_64が入ってしまうので注意。

yum install wine.i686

wine-ver135.png

Wineを立ち上げると「Geckoが無いのでwineでインストールできるがOSディストリビューションのGeckoを使った方がいい」と言ってくるがそのままwineからGeckoをインストールする。

wine-gecko.png


とりあえずこれだけで秀丸くらいは exeを右クリックして「Wine Windows Program Loaderで開く」とするとインストールできる。



winetricksを使ってアプリケーションのインストール
オープンソースのwineではwinetricksを使い、MSのコンポーネントをダウンロードしてインストールすることが必須と言っていいです。同じくwineベースの市販CrossOverでは特にこのような苦労せずたいていのwindowsアプリが動作しますので、手間を省きたい場合はwineでなくそっちを使おう。

公式ページはこちら。http://wiki.winehq.org/winetricks

ログインユーザで
wget http://www.kegel.com/wine/winetricks
sh winetricks
とするとウィンドウが開いてインストールできるコンポーネントを選択できます。

あわせて、MSのインストーラが使うのでキャビネット展開ツールをインストールしておきます。

yum install cabextract



Office2000をインストール

・OLEAUT32.DLL が違うとエラーを出して進めないが、手作業でOffice2000のCDROMのSYSTEMフォルダから
OLEAUT32.DLL を
.wine/drive_c/windows/system32にコピーするとOK。元あったファイルはリネームしておく。
error-office2000-oleaut32dll.png


・インストーラは文字化けするが気にしない。
*MSのサポートページにあるOffice2000のインストール画面のキャプチャhttp://support.microsoft.com/kb/880522/ja
*SONYのサポートページにあるOfficeXPのインストール画面のキャプチャ
http://search.vaio.sony.co.jp/solution/S0106140006590/

・Word2000/Excell2000は動く。Access2000はエラーを出して動かないが、winetricksから jet40 を追加すると Access2000も動く。Office2000のインストール直後にAccess2000を起動して出るエラーメッセージはこちら。

Screenshot-Microsoft Access - Unable to Locate DLL.png

sh winetricks としてウィンドウが開いてインストールできるコンポーネントを選択する画面で
jet40を選択して
Screenshot-Winetricks.png

インストーラが走ります。このあと少しエラーが出ますが大丈夫のようです。
Screenshot-Jet 4.0 Service Pack 8.png

access2000を立ち上げると、テーブルの日本語が文字化けしますが動作します。文字化けは ツール-オプション で「代替フォントを使用する」の欄に「VLゴシック」を指定すればOKです。
daitai-font.png




その他、たいていのWin用アプリに必要なコンポーネント

ie6 (いろいろなアプリでIE6コンポーネントが使われています)
ie6.png

cjkfonts (日本語フォントサポート。入れてもぱっと見では特に変わったところはないのですが不思議とエラーが出ていたアプリが、エラーなく立ち上がるようになります)
cjk-fonts.png

以上のように、うちでは jet40、ie6、cjkfonts の3つを入れておくだけでほとんどのアプリが動くようになりました。



追加しておくと良いコンポーネント
先ほどコピーしたOffice2000などに付いているOLEAUT32.DLLのタイムスタンプは2000/1/20と古い。次のコンポーネントをインストールすることでOLEAUT32.DLLも2004/2/17のものにバージョンアップされるので追加しておこう。既にこのコンポーネントを追加済みでも古いアプリを入れた後は、入れ直して更新しておくのがおすすめ。

vb4run (Visual Basic 4 Runtime)
vb5run (Visual Basic 5 Runtime)
vb6run (Visual Basic 6 Runtime)
vcrun6sp6 (Visual C++6 SP6)
vb456-vc6sp6.png







2010年10月18日月曜日

torneで地デジ - いまさらですが。PS3サラウンド「CECH-ZVS1」も来た!

しばらくテレビの無い生活をおくっていましたが、どうしても見たい番組があったのでtorne導入しました。地デジやっぱり綺麗ですね。モニタはBenQのM2700HDです。これまでDVDプレーヤをつないでいて、画質が眠いのはモニタのせいかと思っていましたがなかなかどうして、予想以上でした。
買ったのはPS3 torneパックです。電源を入れる前に内蔵HDは2.5インチの500Gに交換してしまいました。付属のゲームコントローラでも操作できますが、やっぱり専用のリモコンが無いと不便なのでリモコン買い足しです。



PS3サラウンド「CECH-ZVS1」来た!




満足度が高かったのでサラウンドスピーカ買い足し。
モニタの光デジタルオーディオ出力に繋ぐことでモニタに繋がっているすべてのHDMI機器の音も出てオッケー!でも・・・あれ?音ズレ・・・??

マニュアルを読んで、光デジタル出力からすべての「音声出力フォーマット」を選んでPS3とサラウンドスピーカを直結。モニタのスピーカは音ズレするので音声同時出力をOFF。

サラウンドすごい!

いやぁモニタに繋いだときと音が違う、ちょっとボリュームが小さいのが残念。

それにしても1ヶ月くらい前からモニタの薄型リモコンがどこを探してもありません。うちのちび、どこにやったのかなぁ。→12月1日 リモコン出てきました。モニタの下キャビネットの、奥さんの手紙セットのケースに大事に収納(笑)




2010年10月3日日曜日

ClamAV + Samba 3.3.14


ClamAVとSambaの連携にはサードパーティの接続モジュール samba-vscan-0.3.6c-beta5 を使ってSamba3.3.14本体のソースにパッチをあてます。

Samba3.5ではパッチが上手く当てられなかったのでこのモジュールは将来性はないのかな。


仕様
・ウィルスパターンファイルは1日1回、Cronで取得
・sambaの共有ファイルの読み書き時に検査
・ウィルス検出時に問題のファイルを移動します。ほかに削除・何もしない の動作を選ぶこともできます
・zip圧縮ファイル内は2段階圧縮まで対応しています(デフォルト)。でもlzh形式は検査されません。
・検査ファイルの最大サイズは32ビットOS時は2GB
・検出エンジン :clamav

参考
スキャンプログラム本体 http://clamav-jp.sourceforge.jp/
接続モジュール samba-vscan http://www.openantivirus.org/projects.php


ClamAVのインストール
clamdは別途インストールが終わっているものとします。


samba本体ソースの取得とmake
sambaは別途インストールが終わっているものとします。


samba-vscanソースの取得とmake
この例ではソースはすべて /usr/local/src 以下に置き作業します。
openantivirusのページから、リンクを辿っていき、sourceforgeのページからダウンロードできます。プロジェクトのページに説明されているように Samba 3.0.25 (or later)は 0.3.6c Beta5 を使います。以下ソース内のINSTALLドキュメントの手順で行うことができます。


samba本体のソースの/examples/VFS/内に展開します。
cd /usr/local/src/samba-3.3.14/examples/VFS
wget http://www.openantivirus.org/download/samba-vscan-0.3.6c-beta5.tar.gz
tar zxvfp samba-vscan-0.3.6c-beta5.tar.gz


パッチ1
これをあてないとmakeに失敗します。パッチの作者不明。まずディレクトリをリネームしてから。
mv samba-vscan-0.3.6c-beta5 samba-vscan
wget http://www.maxxer.it/wp-content/uploads/2010/04/samba-3.2.5_vscan-0.3.6c-beta5.patch.gz
gzip -d samba-3.2.5_vscan-0.3.6c-beta5.patch.gz
patch -p0 < samba-3.2.5_vscan-0.3.6c-beta5.patch

これでmakeは通るが、うまくいったと思って SambaでClamAVを有効にして共有フォルダにアクセスするとエラーメッセージが出る。
"Error trying to resolve symbol 'init_samba_module' in /usr/local/samba/lib/vfs/vscan-clamav.so"
次のパッチが有効。

パッチ2
http://www.mail-archive.com/samba@lists.samba.org/msg98075.html
cd samba-vscan
vi ./global_h_extend.patch
===================================================================
--- include/vscan-global.h.orig 2004-10-05 21:47:54.000000000 +0200
+++ include/vscan-global.h      2008-12-09 15:55:04.000000000 +0100
@@ -69,6 +69,17 @@
  #endif
 #endif

+/* Patched by T. Wild, 9.12.2008, because pstrcpy removed by samba.org */

+#define PSTRING_LEN 1024
+typedef char pstring[PSTRING_LEN];
+#define pstrcpy(d,s) safe_strcpy((d),(s),sizeof(pstring)-1)
+#define pstrcat(d,s) safe_strcat((d),(s),sizeof(pstring)-1)
+
+/* Furthermore init_module changed to init_samba_module */
+
+#define init_module(void) init_samba_module(void)
+
+/* end of patch by T. Wild */

 #endif /* __VSCAN_GLOBAL_H */
===================================================================
patch -p0 < ./global_h_extend.patch



./configure
make



インストール
以上の修正でmakeできる。必要なのは *.so なので単にコピーする。
mkdir /usr/local/samba/lib/vfs
cp -p *.so /usr/local/samba/lib/vfs

cp clamav/vscan-clamav.conf /etc/samba


設定
/etc/clamd.conf
動作ユーザ権限をclamavからrootに変更しておく。こうしておかないとスキャン対象のファイルパーミッションの他人のリードが落とされているとスキャンに失敗するつまらないエラーに悩まされる。
#User clamav


/etc/samba/vscan-clamav.conf
38行目。デフォルトの検出時「何もしない」から「検疫移動」に変更する。
-    infected file action = nothing
+    infected file action = quarantine

82行目。ソケットの場所を変更する。
-    clamd socket name = /var/run/clamd
+    clamd socket name = /var/run/clamav/clamd.sock


/etc/samba/smb.conf
ウィルススキャンしたい共有フォルダに次のように設定する。
    vfs object = /usr/local/samba/lib/vfs/vscan-clamav.so
    vfs options = /etc/samba/vscan-clamav.conf



検出動作の確認
samba共有フォルダでファイルを読み書きするとき検査されます。ウィルスが検出されると /tmp/vir-xxxxx にリネームして移動します。一度書き込みされてから、検疫または削除されますので、Windowsのエクスプローラからは、一度ファイルが置かれてから消えるように見えます。
一般的なWindowsにインストールするタイプのウィルス対策ソフトウェアでは書き込む前に拒否されますが、エクスプローラ上ではエラーが表示されないので注意する必要があります。

ログ/var/log/clamav/clamd.logにはウィルス検出時に次のように記録されます。ウィルス検出についてはログを確認する必要があります。

Sat Sep 25 15:51:23 2010 -> /home/hoge/eicarcom2.zip: Eicar-Test-Signature FOUND
Sat Sep 25 15:51:43 2010 -> /home/hoge/eicarcom2.zip: Eicar-Test-Signature FOUND
Sat Sep 25 15:52:13 2010 -> /home/hoge/eicar.com.txt: Eicar-Test-Signature FOUND
Sat Sep 25 15:52:33 2010 -> /home/hoge/eicar.com.txt: Eicar-Test-Signature FOUND
Sat Sep 25 15:52:35 2010 -> /home/hoge/eicar_com.zip: Eicar-Test-Signature FOUND
Sat Sep 25 15:52:56 2010 -> /home/hoge/eicar_com.zip: Eicar-Test-Signature FOUND
Sat Sep 25 15:53:07 2010 -> /home/hoge/eicar.com.txt: Eicar-Test-Signature FOUND
Sat Sep 25 15:53:27 2010 -> /home/hoge/eicar_com.zip: Eicar-Test-Signature FOUND
Sat Sep 25 15:54:38 2010 -> /home/hoge/eicar.com: Eicar-Test-Signature FOUND


これまでウィルス検出時、windows messengerサービスでポップアップが上がって教えてくれました。しかしXP-SP2以降、windows側でサービスが無効ですので、今のWindowsでは通知されません。
コントロールパネル→サービスから windows messengerサービス を有効にするとこれまでどうりポップアップメッセージが通知されます。このサービスが無効にされたのは、インターネットに接続されたPCに、windows messengerサービス を使ったSPAMメッセージが送られるようになったのが理由らしいので、ファイアウォール内PCでは有効でもいいんじゃないかって思いますが、やっぱそういうのは許してくれないんでしょうね。




参考ページ

Samba + Clamd + Samba-Vscan On CentOS 5.2
http://www.howtoforge.com/samba-clamd-samba-vscan-on-centos-5.2

debianでsamba-vscan/vscan-clamav を使ってのリアルタイムスキャン設定
http://natural-born-minority.blogspot.com/2010/09/debiansamba-vscanvscan-clamav.html




新品価格 ¥2,604から



2010年6月24日木曜日

三方五湖に・・・

行ってきました。ずーっと忙しかったのでちょっと遠くに行くのはひさしぶりです。
これは三方五湖を回るボート。いやぁ、なかなか楽しかったよ!

R0010642.JPG

水路の中を通ります。ドライバー(?)はお姉さん。
R0010648.JPG

こっちは三方五湖がつながっているすぐとなりの海。温水シャワーがあったりで海水浴場になってました、もう泳げそうだわ。そういえばあと1週間で7月だった。いつの間に(笑)
R0010712.JPG



2010年4月17日土曜日

X25-M Mainstream SATA SSD SSDSA2MH160G2R5 をCentOSで使う

ML115-G5 にAMD Phenom XII 945 を載せた。SSDのアクセスを減らすためにおまじないをいくつか。

1./etc/stsctl.conf に追加。swapしない指示と、ディスクへの記録タイミングを5秒から15秒にする。
vm.dirty_writeback_centisecs = 1500
2./tmpフォルダをtmpfsファイルシステムに変更。
これはまぁメモリを使ったファイルシステム。
ところでデフォルトでもtmpfsを混ぜて使うようになってる。
 
デフォルト 
tmpfs   /dev/shm tmpfs   defaults        0 0
 
変更後。
tmpfs   /tmp     tmpfs   defaults,size=512m      0 0
 
3.I/Oスケジューラの動作変更
/boot/grub/menu.lstを編集。elevator=noop をつける。
kernel /vmlinuz-2.6.18-164.el5PAE ro root=/dev/md1 elevator=noop