オレンジのトップページ

2010年4月17日土曜日

X25-M Mainstream SATA SSD SSDSA2MH160G2R5 をCentOSで使う

ML115-G5 にAMD Phenom XII 945 を載せた。SSDのアクセスを減らすためにおまじないをいくつか。

1./etc/stsctl.conf に追加。swapしない指示と、ディスクへの記録タイミングを5秒から15秒にする。
vm.dirty_writeback_centisecs = 1500
2./tmpフォルダをtmpfsファイルシステムに変更。
これはまぁメモリを使ったファイルシステム。
ところでデフォルトでもtmpfsを混ぜて使うようになってる。
 
デフォルト 
tmpfs   /dev/shm tmpfs   defaults        0 0
 
変更後。
tmpfs   /tmp     tmpfs   defaults,size=512m      0 0
 
3.I/Oスケジューラの動作変更
/boot/grub/menu.lstを編集。elevator=noop をつける。
kernel /vmlinuz-2.6.18-164.el5PAE ro root=/dev/md1 elevator=noop