オレンジのトップページ

2011年10月25日火曜日

EPSON EP-804Aのレビュー。Canon MG6130と写真画質を比較してみた。

デジカメ写真のプリント用に9月に発売されたEPSONの新型が人気デス。発売当初の初値は3万円程度していましたが、10月の中頃から21000円台になってきて手頃になったのも買い時感があります。今年のEPSONは赤黒白の3色展開。自宅用と知人宅用に赤と白を1台ずつ買いました。せっかくなのでうち用は赤です。

さっそく設置。赤といってもオレンジ色っぽい赤ではなく、カタログのとおり濃い赤ですねぇ。落ち着いた感じです。機能で注目できるのは、さいきんのEPSONの中級モデル以上は「オフキャリッジ」式になっています。今季モデルでは、下位のEP-704Aは違いますがEP-774Aから上位モデルで採用されています。インクタンクがヘッドの上に置かれていない。ということでオフ・キャリッジ。というわけでヘッドが左右に動くとき軽くいので印刷時に
揺れない。とか、減ったインクだけ補充するのでインクが減りにくいらしいです。
EP-804-1.JPG


CDトレイはどこだ?梱包内容物に無いと思ったら、パネルのCDボタンを押すと出てきました!うーわびっくり。
EP-804-2.JPG


さくさくドライバをインストールをします。OCRソフトの読んでココも付いてます。インストーラはキヤノンに比べてオートマチックな感じ。ファームウェアまで自動アップデートしてくれるのにまたびっくり。
EP-804-3.JPG


ドライバだろうと思っていたら本当にファームのアップデートしてるみたいです!
EP-804-4.JPG


メールプリントが便利そう!指定されたアドレスにメールを送るとプリンタが定期的にそのメールボックスをチェックしていて印刷してくれます。ドライバをインストールしていないパソコンやスマホから印刷できるのはいいかもしれない。
mail-print-s.jpg


今回のレビューの本命、キヤノンのMG6130と画質の比較です。
MG6130もこの2011年のはじめに買ったばかりで、たぶん現行モデルのMG6230も印刷エンジンは同じです。
上がCanon MGー6130で、下がEPSON EP-804A。用紙はEPSONの「クリスピア」。ぱっと見て明らかにEP-804Aで印刷した方がコントラストが高くメリハリがあります。白はしっかり白くくすみが無いのが効いている感じで綺麗!買ってよかった!
hikaku.JPG


まとめ やっぱりEPSON綺麗ですね。35mmフィルムカメラをプリントした印画紙の生っぽさにはまだかないませんが、2万円のプリンタなら許してあげてもいいかなと思えるレベルです。これに我慢できなくなったら、5〜7万円出すとさらに綺麗な顔料インクのPXー7VやPX-5Vも買えますので買い換えるしかありません(笑)。

2万円前後で買えるいちばんボリュームゾーンのインクジェットプリンターもメーカーごとの特徴がはっきり出ているようです。文書印刷にはタンクの容量の大きなブラザーで決まり。写真プリント用には染料6色インクのEPSON。文書も写真もそこそこならCanonの顔料黒+染料5色インク。です。











EPSON Colorio インクジェット複合機 EP-804AR (レッド)


EPSON Colorio インクジェット複合機 EP-804A (ブラック)



EPSON Colorio インクジェット複合機 EP-804AW (ホワイト)


インクと写真用紙。サイズはLと2L。









せっかくなので今回のレビューで使ったちょっと高品位な写真用紙「クリスピア」がおすすめ。サイズはLと2LとA4。