オレンジのトップページ

2015年11月3日火曜日

Fedora 23 まとめ

日本語フォルダ 英語フォルダ名に変更 $ LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update


IPA日本語フォント2つ
http://ipafont.ipa.go.jp/node26#jp

    IPAex明朝 (Ver.003.01)     ipaexm00301.zip
    IPAexゴシック(Ver.003.01)    ipaexg00301.zip


Migu日本語フォント4つ

http://mix-mplus-ipa.sourceforge.jp/download.html
>オススメを挙げます。

    「テキストエディター表示」に Migu 1M(等幅)
    「印刷物やプレゼン資料」に MigMix 1P(プロポーショナル)
    「ウェブブラウザー表示」はお好みで、MigMix 1P(プロポーショナル) や Migu 1C(プロポーショナル) などをどうぞ。
この3つに加えて MacOSのCode2エディタに採用されたという、Migu-2M(等幅) の合計4つを入れる。


Syncthing で複数PC/androidで同期 インストーラがないので、バイナリをダウンロードして、ホームに置き、gnome3に自動実行を登録する。

手順
http://www.fedoraonline.se/how-to-manage-startup-applications-in-gnome-3/
1. Copy from /usr/share/applications the .desktop file of the application into $HOME/.config/autostart
 dropboxの雛形をコピーしてきて、syncthingにして。
2. Edit the .desktop file . Add the following line:
 X-GNOME-Autostart-enabled=true
を最後に追加。

出来上がった ~/.config/autostart/syncthing.desktop の内容はこのとおり
[Desktop Entry]
Name=syncthing
GenericName=File Synchronizer
Comment=Sync your files across computers and to the web
Exec=/home/hogehoge/syncthing -no-browser
Terminal=false
Type=Application
Icon=syncthing
Categories=Network;FileTransfer;
StartupNotify=false
Name[ja_JP]=syncthing.desktop



firewall-configが 入ってないので入れる。
永続。を選んで、サービスを追加。登録するポートはこのとおり。入力したら使用するゾーンで、DropboxとSyncthingのサービスにチェックする。
Dropbox
 tcp/udp 17500
Syncthing
 tcp22000
 udp21025


Windowsのリモートデスクトップ用クライアント
remote-viewer
vncviewer



screen をスイッチのメンテナンスに使うのに入れておく。
.screenrcに
termcapinfo xterm* ti@:te@
と書いてスクロールバックを有効にする。
使う時は
screen /dev/ttyUSB0 9600

tftp-sever

(f21からsystemd経由になったので、xinetdはいらない)
ファイルは/var/lib/tftpbootに置き
setenforce 0
iptables -F
service tftpd restart


Firefoxのretinaハイレゾディスプレイ対策
http://askubuntu.com/questions/487032/adjust-firefox-and-thunderbird-to-a-high-dpi-touchscreen-display-retina
about:config で入って
layout.css.devPixelsPerPx を調整する。
13インチのノートパソコン 2560x1440では 2
21インチの1920x1024デスクトップモニタでは 1.3



ブラウザー epiphany
yum install epiphany

設定はこちらを参考にした。 https://forums.ubuntulinux.jp/viewtopic.php?id=10394)
フォントサイズは12くらい。

次の手順でプロポーショナルなMigu 1Cフォントに変更すると綺麗。
編集→設定→フォントとスタイル→カスタムスタイルシーツを使用→スタイルシートの編集

BODY , A:active,A:hover,A:link,A:visited,P,DIV,SPAN,H1,H2,H3,H4,H5,FONT,CODE,B, SMALL,STRONG,EM,CAPTION,TD,UL,U,li,PRE,TEXTAREA,INPUT,OPTION,SELECT,LEGEND,LABEL,FIELDSET,FORM,DD,DT,BUTTON,SCRIPT,IFRAME,JAVASCRIPT

{FONT-FAMILY:'Migu 1C' !important;}


Firefoxのフォントも変更
設定>コンテンツ>詳細設定
 プロポーショナル serif(デフォルト)
 明朝体 sans-serif(デフォルト)
 ゴシック体 Migu 1C
 等幅 Migu 1M


ターミナル・メールソフトのフォントも変更する。等幅のMigu 1Mを指定


メールソフト sylpheed/Clawsmail/Thunderbird。IMAPで使う場合Thunderbirdの設定がスタンダードっぽい。
yum erase evolution
yum install sylpheed


エディタ vim-X11
yum install vim-X11


Adobe Flash
インストーラをサイトからダウンロードしインストールした後に
yum install flash-plugin



RPMFusionレポジトリ
トップページからConfigurationページに移動し、freeとnonfreeをインストール。


Javaプラグイン
最初からopen-jdk版のjavaとicedtea-webプラグインが入っているが、ブラウザでjavaを使う必要がなければ消す。



mp3とかyoutubeとか
http://fedorakenken.doorblog.jp/archives/51707259.html
yum install gstreamer-ffmpeg gstreamer-plugins-ugly gstreamer-plugins-bad \
gstreamer-plugins-bad-free-extras \
gstreamer-plugins-bad-nonfree


GNOME3のカスタマイズ
yum install gnome-tweak-tool としてから、拡張機能→GONE Shell 拡張機能をインスト 「他の拡張機能をインストールする」をクリックすると https://extensions.gnome.org/ がブラウザで開くので、Top iconsを入れる。


rc.localを使えるように
/etc/rc.d/rc.local を作って実行権を与える


SSDはマウントオプションを追加しTrimを有効にする。以下の文書にほぼお同じ内容のガイドがある
https://access.redhat.com/documentation/en-US/Red_Hat_Enterprise_Linux/6/html/Storage_Administration_Guide/newmds-ssdtuning.html#ssddeploy
https://docs.fedoraproject.org/en-US/Fedora/14/html/Storage_Administration_Guide/newmds-ssdtuning.html
http://antonakoglou.com/2011/05/29/fedora-15-tweaks-ssd/
http://www.maruko2.com/mw/CentOS/SSD

要約すると
* Trimに対応しているファイルシステムはRedhat 6.2からext4。6.4からXFS。

* swapパーティションは指定不要。
The Linux swap code will issue TRIM commands to TRIM-enabled devices,
and there is no option

* /sys/block/sda/queue/discard_granularity の値が0でなくSSDが対応していれば
/sys/block/device/queue/discard_max_bytes is not zero

* hdparm -I /dev/sda として
Commands/features:
 Enabled Supported:
     * Deterministic read data after TRIM
となっていれば対応している。
* マウント手順は
# mount -t ext4 -o discard /dev/sda2 /mnt

ということなので、対応していれば /etc/fstabを次のように修正する。
/dev/sdaX / ext4 discard,defaults
tmpfsを使うのも良い
none /tmp tmpfs defaults 0 0
none /var/tmp tmpfs defaults 0 0none /log tmpfs defaults 0 0



憩いの場レポジトリ
http://linux.ikoinoba.net/index.php?UID=1279543844 から、home_sawaa リポジトリを追加。憩いの場版 unzipは日本語ファイルの入ったzipが化けなくなって助かる。


グラフィックドライバを入れる RPMfusionのfreeとnonfreeを有効にした上で
nVIDIA
yum install kmod-nvidia
yum install akmod-nvidia

AMD Radeon
yum install kmod-catalyst
yum install akmod-catalyst

*F18からAMDのドライバはfglrxからcatalystに変わった



FirefoxでOpenGLアクセラレーション
グラフィックドライバを入れれば安定した。メニューから起動しただけでは有効にならないので、パラメータを与えてコンソールから起動する

[hogeuser@hogeserver ~]$ MOZ_ACCELERATED=1 MOZ_GLX_IGNORE_BLACKLIST=1 firefox

立ち上がったら about:support としてOpenGLが有効になっていればOK。

うまくいけばGNOMEのプログラムメニューに登録しておく。手順はこちら。
http://forums.fedoraforum.org/archive/index.php/t-272239.html

0 件のコメント:

コメントを投稿